NESDR本体に垂直にロッドアンテナを取り付けられるように改造

Facebooktwittermail

 どうも、こんにちは。T・K生です。

 今回は新しいBNCコネクターを入手したのでNESDRに接続してみました。

 BNCコネクターを垂直に変換するコネクターを入手

 この前、購入したNESDRですが、移動用にモバイルで受信したいと考えました。

 スマホで移動受信でFM放送を受信する際に直接、NESDRに接続できないか?ということを考えていた際にBNCコネクターを垂直に変換できるコネクターを発見。

 SMAコネクターからBNCコネクターに変換して更にBNCコネクターを垂直に変換してロッドアンテナを取りつける構成で通信を受信してみようということを思いつきました。

 垂直変換のBNCコネクターのおかげてBNCコネクターから直接、ロッドアンテナを立てられるようになった

 コネクターを2回、接続して変換することでSHF帯あたりの損失が大きくなり、ADS-Bなどの航空無線の位置情報を受信する場合、ちょっと苦しくなるのですが、FMラジオをスマホやタブレッドPCで受信する場合ならばそこそこ受信は可能です。

 NESDRのSMAコネクターをBNCコネクターに変換することで先端の摩滅で感度低下することを防ぎ、NESDR本体のSMAコネクターを保護するような状態で更に垂直にロッドアンテナを立てるような構成になりました。

 NESDR本体を黒いビニールテープで保護して傷を防ぐ

 NESDR本体を野外で使う場合、本体に傷がつくのが痛いです。本体に傷がつくことを防ぐために100円ショップで購入した黒いビニールテープで保護することにしました。

 ついでにNESDR本体のUSBコネクターのメスーオスの変換ケーブルの接続部分も黒いビニールテープで接続して、脱落しないようにしました。

 100円ショップで販売している黒の絶縁テープで本体を保護。野外で受信する際に本体に傷がつくことを防ぐ。見栄えが若干、悪くなるが本体に傷がつかなくなることはありがたい

 若干、NESDRの見栄えが悪くなりますが、野外で受信する際、本体に傷がつかないようになるので今回、本体のコーティング作業をちょっとやってみました。

 もし、NESDRの本体をもっと見栄えのいい状態で保護したい場合、大きい熱収縮チューブを活用して保護もできるので、もし、余裕があれば試してみるといいでしょう。

 大型の熱収縮チューブには半透明の製品もあるので余裕があれば別の電子部品を購入する際に購入しておくといいかもしれません。

 BNC変換コネクターを木工用ボンドで仮止め

 BNCコネクターですが全体が回転するのでロッドアンテナを垂直に立てて使用する場合にアンテナがずれることがあります。

 勝手にアンテナが回転してズレるのは野外で通信を受信する際にちょっと不利になるので木工用ボンドでBNCコネクターのすき間を固定します。木工用ボンドが乾燥するまでに1時間ほどかかりましたが、何とかなりましてロッドアンテナを垂直に立てることに成功しました。

 垂直型のBNC変換コネクターが回転しないようにすき間を木工用ボンドで固定。ネジロックのような瞬間接着剤より固定するまでに時間がかかったが何とかなった

 もし、ネジロックのような瞬間接着剤があるならばもっと早く固定できるので試してみるといいでしょう。

 BNC垂直コネクターを固定することでアンテナが垂直に立つようになり、野外での受信も有利になりました。

 USBコネクターとUSB TYPE-Cのコネクターの変換について

 NESDRをスマホに接続する場合、USBコネクターをUSB TYPE-Cコネクターに変換しないといけません。

 NESDRをスマホ専用の受信機にする場合、USBコネクターをUSB TYPE-Cコネクターに変換する箇所をビニールテープで固定すると接触不良でデバイスを認識しないというトラブルを減らせます。

  自分の場合、NESDRをスマホだけでなく、ラズベリーパイ4でFM放送を受信する場合にも活用したいので若干、接続トラブルも出ますが、あえて固定はしない状態で活用することにしました。

 今回、NESDRをモバイル運用でよりよい環境で受信に活用したいと考えましたので軽く加工してみました。

Facebooktwitterrssyoutubeinstagram