DC5Vを加えることが可能なUSB式ねじ式コネクターの接続実験

Facebooktwittermail

 どうも、こんにちは。T・K生です。

 今回はUSBケーブルにDC5Vを加えて電圧降下対策も練れる便利な端子を見つけたので実験してみました。

 USB2.0の端子の半田付けは面倒で厄介なのだが・・・

 自分もSDRラジオを動かすために色々と実験していたのですが、USB端子の半田付けはかなり面倒です。

 精密部品だらけのUSB端子なのですが、4本のケーブルを半田付けして、動作させるのは何かと面倒ですね。

 そこでネットでいい製品がないか?と調査したら、USB端子の変換ケーブルにケーブルをねじ止めできる製品があるのを知りました。

 USBケーブルはメインが4本に雑音カット用のGND用のアミ線が1本で5本の端子で信号をやり取りしているのですが、ケーブルをねじ止めして接続できる実験用のUSB端子を発見。

 この種の端子を活用してラズベリーパイ向けに活用できないか?と思い、早速、注文しました。

 USBのねじ止め端子を活用して電圧降下対策の5Vを追加できるということ

 今回、注文したUSB式の端子ですがラズパイの周辺機器で電流不足から電圧降下が発生する際の対策に活用できないか?と思いました。

 USBケーブルの赤線の+5VとマイナスGNDの黒線を追加してDC5Vの外部端子を増設してラズパイ向けの周辺機器を動かせるのではないか?と思いました。

 SDRラジオやWEBカメラなどをラズパイに接続して動かすと消費電流が増大してしまい、ラズパイに電圧降下の表示が出てしまい、機器の動作が不安定になってしまいます。

 電圧降下対策に関してはスイッチング電源を活用して十分な電流量を確保し、電圧降下の発生部分はスイッチング電源本体についている半固定抵抗を活用して調整もできるのですが、消費電流の多いUSB機器にDC5Vを供給して動かすことでも電圧降下の問題は解決できます。

  今回、入手したUSB端子を活用して、新たにDC5Vをねじ止めの端子に加えることで追加の給電口を確保して、消費電流の多いWEBカメラやSDRラジオなどの周辺機器の動作をますます安定させることを実験して、動作検証することにします。

  結線に関してはUSBケーブルの先端に半田付けをしておくとうまくいきます。DC5Vを供給する黒線と赤線をねじって結合して半田付けすると接続する際に楽になります。

 まずは破損してもいいSDカードリーダーなどを活用して接続の動作試験をする

 今回、入手したUSBの端子ですが、配線を間違うとUSB機器を最悪の場合、破損してしまいますのでまずは破損してもいいようなSDカードやUSBカードリーダーなどで動作をテストします。

 うまく動作したらDC 5Vの外部電源を加えてUSB機器に不足気味の電流を補うことには成功しています。

 ラズベリーパイの周辺機器で電流が不足している場合にUSB機器に方にDC5Vを供給してラズパイの電流不足問題に対してそれなりの効果も場合によっては出せるかもしれません。

 残念ながらWEBカメラの相性が悪くて動作せず・・・

 今回、USB端子にDC5Vを加えて外部電源の供給に成功はしたのですが、残念ながら持っているWEBカメラには相性が悪かったようで動作しませんでした。

 USB3.1の外部メディアは電圧5Vを加えて電流増加の動作試験はOKだったのですが、肝心のWEBカメラがどうも相性が悪いようで動作が止まってしまう現象が見受けられました。接続する機器によっては当たりハズレがあるようです。

 機器によっては相性が悪い場合もあるようで直接本体にDC5Vの定電圧を加える改造をして、ラズパイ本体の消費電流を下げるような改造をしないといけないようです。

 もし、WEBカメラ本体にDC5Vを加える改造をした場合はメーカーの保証は受けられなくなるので注意してください。

 今回の外部電源の実験ですが、微妙な感じの結果になりまして自分では納得がいかなかったのですが、色々、勉強になったこともあったので少しばかり良かったかな?と思いました。

Facebooktwitterrssyoutubeinstagram