ラズパイ4にスイッチング電源を接続してターミナル端子を用いて分電(前編)

Facebooktwittermail

 どうも、こんにちは。T・K生です。

 今回はラズパイ4にスイッチング電源を接続して安定して動かせたのでターミナル端子を用いて分電して複数のラズベリーパイを動かすための実験について書きます。

 配電盤用のターミナル端子やショートバーを用いてスイッチング電源の電源を分岐させる

 スイッチング電源ですが配電盤用の電源ターミナルを用いて分電することができます。

 現在、私が使用しているスイッチング電源ですが5V 12Aのスペックを有し、ラズベリーパイを3台、連続駆動するだけの余裕があります。

 個人的に私はラズベリーパイを3台、所有していて、1台はADS-B(航空無線の位置情報)用のサーバーとして活用していて、残り2台はSDRラジオとして時折、動かすこようなスタイルを取っています。

 ラズベリーパイ3台をACアダプターで動かすとなればコンセントのスペースもたくさん取ってしまいますし、タコ足配線の恐怖も増えていくような悩みが出ていました。

 加えてADS-Bでラズベリーパイをサーバーとして活用し、24時間、毎日、動かしていたのですが、活用しているACアダプターがDC5.0V 3Aの古いスペックで電圧降下のエラーメッセージが連続発生していて動作が不安定化していました。

 データは100パーセント送信されてはいるもののサーバーとして動作しているOSに電圧降下のエラーメッセージが連続発生がちらついているのは精神的に気持ちがいいものではありません。電圧降下のエラーメッセージが連続することはない方がいいに決まっています。

 そのような理由を考えた上で、この際、せっかく大型のスイッチング電源を購入したのだから電源用のターミナル端子を活用して電源システムを一本化しようと考えました。

 電源ターミナルにショートバーを用いると分電が楽にできる

 電源ターミナル端子を購入して、電圧を分けることは可能ですが、その際に並列に分ける際の配線が結構、加工するだけでも面倒だったりします。+側の赤線とマイナス側の黒線をいちいち加工するのは時間がとられて面倒です。

 そこでネットでいい方法がないか?を調べてみましたらショートバーという赤線と黒線を一気につないで処理できるターミナル端子があることを知り、活用してみることにしました。

 ショートバーと電源ターミナルの購入はこちら

 ホームセンターで販売しているMDF合板という板の上に配電盤用のターミナルを配線することにしました。鉛筆と定規でターミナル端子の位置決めをします。ターミナル端子にショートバーを接続します。+側が赤色で+5Vを並列接続で分岐し、黒側がマイナスGNDの分岐になります。

 鉛筆で電源ターミナルの位置を決定したら、一旦、ゴム系ボンドG17deターミナルを接着して固定します。

 ボンドが乾いて固まったらタッピングビスで電源ターミナル端子をねじ止めします。ねじ止めは必ず実践します。ボンドだけで電源ターミナルを固定するのは危険です。ボンドが勝手に温度変化で乾燥すると外れてしまい、電源ターミナルがお互いに接触してショートして感電や火災の可能性があるので必ずタッピングビスで固定します。

 電源ターミナルをタッピングビスで固定したらMDF合板の裏にゴム足を取り付けて浮かせます。タッピングビスが飛び出していて机や床に傷をつけるとまずいのでゴム足で浮かせます。ゴム足は100円ショップやDIYショップで購入可能です。

 次回はターミナル端子にスイッチング電源を接続してラズベリーパイ3台を分電して動かすための配線についての記事を書きますのでお楽しみに!

Facebooktwitterrssyoutubeinstagram