ラズベリーパイ4にトグルスイッチを取り付けてファンの音をミュートできるように改造

Facebooktwittermail

 どうも、こんにちは。
 T・K生です。

 今回はラズベリーパイ4のプラケースにトグルスイッチを取り付けて一時的にCPUファンを止めてミュートするための工作に関しての記事です。

 ラズパイ4のCPUファンがうるさいのに困った

 ラズベリーパイ4ですが、自分の場合、2連で動くファンを使っています。2連で動くファンは冷却効率が高くて便利なのですが、たまに夜になると音がうるさく感じてしまうことがあります。

 CPUのファンの音がうるさいのでファンコントロールの簡易版のようにプラスチックケースを加工して2PトグルスイッチでファンをON/OFFして制御できるようにしました。

 CPUファンのDC+5Vの赤線を2PトグルスイッチでON・OFFして給電を切り替えして、うるさいと感じた時にはCPUファンを止めるようにしました。

 オーディオ機器やSDRラジオで一時的に音を止めるミュートという機能がありますが、同じような機能をCPUファンに抵抗して一時的に止めるようにラズパイのケース周辺を加工しました。

 金属ケースのラズパイ4ではこの種の加工は難しいですが、プラケースやアクリルケースの場合、ドリルやヤスリやリューターがあれば時間がかかりますが、何とかなります。

 2Pトグルスイッチはあくまで一時的にCPUファンがうるさい時に一時的に止めるようにするのに活用

 今回、プラスチック・アクリルケース系を加工してラズパイ4のファンのCPUの動作を止める改造をしましたが、基本的にラズパイのCPUはONで回し続けます。

 ラズパイのCPUのファンに給電して回し続けないと残念ながらラズパイの画面に温度計マークが出て発熱の果てにラズパイ4のCPUが熱で壊れてしまうことがあります。

 したがって今回、改造して増設した2Pトグルスイッチは基本的にラズパイ4を使っていてCPUファンがうるさいと感じた時に軽くCPUファンの動作を止めるために活用します。

 もし、音がうるさいと感じた場合は3.3V の低速でファンを回す方に固定してください。

 普通はCPUファンを回すONの状態にして回した状態でラズパイ4は使用します。

 自作パソコンでも注意しないといけないことですが、基本的にコンピューターのCPUは熱に弱く、CPUに熱がたまったままになると発熱するので放熱には注意しないといけません。

 特にラズベリーパイ4ですがCPU温度はYOU TUBEなどの動画を見たり、SDRラジオやカメラなどの映像系で情報をたくさん処理する場合には高くなりやすいのでインターネットやカメラ動作やSDRラジオなどを鳴らす場合は必ずONにしてください。

 インターネットの接続をしないでラズパイ4などで軽く写真などを見て楽しむ場合はそこまでCPUは使用しない待機状態なのでトグルスイッチをOFFにしてCPUファンの動きを止めても大丈夫です。

 

Facebooktwitterrssyoutubeinstagram