ラズパイ4で麻雀ゲーム天鳳を遊ぶ:講座9 WEBサイトをChromiumに登録する

Facebooktwittermail

 どうも、こんにちは。T・K生です。

 今回はいよいよ『天鳳』のサイトにアクセスして動かしてみます。

 Chromiunに『天鳳』のWEBサイトを登録して効率的に使う

 ラズパイ4でインターネットを積極的に活用する場合、どうしても市販のノートPCより機能が制限されているので積極的にネットサーフィンを行うのは難しいです。

 いくら動画やインターネットが閲覧できるといっても全般的に重いので特定のWEBサイトにアクセスすることに集中した方がラズベリーパイに向いています。

 まずはWEBブラウザのChromiumを開き、半角英数文字でtenfouと検索します。日本語入力が整っているのであれば天鳳と入力してもサイトが出ますが、半角英数文字の方が楽です。

 tenfouとChromiumに打ち込むとサイトが出ます。

 サイトが出たらアクセスします。

 天鳳のトップページにアクセスしたらWEBサイトをChromiumに登録します。次回からChromiumを立ち上げると『天鳳』のTOPページに直接アクセスできて起動時間が短縮できます。

 Chromiumのサイトバーを開き、設定を選びます。

 

 設定を選んだら特定のぺーージまたはページセットを開くを選び、現在のページを使用を選んでください。『天鳳』のWEBサイトが自動で登録されます。

 次回からスムーズに『天鳳』のサイトに直接、アクセスできるようになり、WEBが遅いラズパイ4でも何とかなります。

 とりあえず音が出るか?を確認するためにまずは高段者の対局の結果にアクセス

 『天鳳』のWEBサイトをChromiumに登録したら、とりあえず『天鳳』の音が歪んでいないか?をチェックします。

 まずは高段者の対決のページにアクセスしていくつかの『天鳳』の高段者の対決の記録が公開されているのでアクセスして画面と音声が割れていないか?を確認します。

 USBサウンドカードから音声が出力されていて、音が割れていなかったら『天鳳』は普通にブラウザゲームとして遊べます。

 音声はスピーカーマークのアイコンで調整できますので自分でカスタマイズしてください。

 ラズベリーパイ4の本体から音を出すと『天鳳』のサウンドがエコーがかかったようになり、リーチやポンやツモなどの音声が風邪を引いたような歪んだ音声になります。

 音割れを防ぐためにラズパイ4向けに外付けでUSBサウンドカードが必須になります。

  USBサウンドカードを活用したブラウザゲームの音割れ対策に関す前回の記事:参考

 無事、『天鳳』の音が割れてなかったら次はテストプレイで実際、勝負してみます。

Facebooktwitterrssyoutubeinstagram