ラズパイ4で麻雀ゲーム天鳳を遊ぶ:講座6 Ubuntu MATE 21.04にアップグレード

Facebooktwittermail

 こんにちは。T・K生です。

 今回はUbuntu MATEの20.10を最新版にアップグレードします。

 USB3.0にインストールできたUbuntu MATE 20.10のサポート期間が終了しているのでオフラインでしか使えません。

 インターネットに接続して遊ぶブラウザゲームの『天鳳』の場合、サポートが終了した20.10をそのまま使うとセキュリティ上の問題が出て危険です。

 そのような理由から今回、Ubuntu MATEを最新版にアップグレードします。

 アップグレードは更に1時間ほどかかるが安心してインターネットが使える

 Ubuntu MATE 20.10を再起動すると英語で自動でアップグレードするか?というメッセージが出てくるのでアップグレードしてください。

 アップグレードする際は回線が重くなりますので有線LAN経由でインターネットに接続します。一応、Wi-fiでもアップグレードは可能ですが、回線が重いので余り推奨できません。

 1~2時間ほどかかりますが、根気よくアップグレードを実践します。

 

 自動的にアップグレードされるのは21.04です。

 

 段階的に大量のファイルがインターネットから読み込まれます。

 

 アップグレードのインストールに関してはかなり時間がかかります。

 アップグレードが完成したら再起動(Reboot)します。

 

 

 これで完成です。お疲れ様でした。

 Ubuntu MATEの21.04にアップグレードが成功したら日本語入力の環境を整える

 無事、Ubuntu MATEでOSが最新版の21.04にアップグレードできたら日本語入力の環境を整えます。

メニューボタンを押して [システム]-[コントロール・センター]の中にある「言語サポート」を選んでください。

 言語サポートで日本語入力をインストールすることでUbuntu MATEで日本語入力ができるようになります。

 パッケージのインストールも30分ほどかかります。

 日本語入力の環境設定が整ったら再起動します。

 ここまでくると工程の半分が終了しました。

 次の講座では『天鳳』に向いているWEBブラウザのインストールの作業に関しての解説です。

 

Facebooktwitterrssyoutubeinstagram

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です